ハッシー JGC修行の道のり

私のJGC修行の記録

第12回 JMBサファイア達成の那覇往復修行

こんにちは、ハッシーです。

さて、第12回となる今回はJMBサファイア達成となる羽田ー那覇往復についてお話します。

今回は予めウルトラ先得と先得割引-タイプBで往復の航空券を購入しました。
今回の修行では以下の料金で乗る事が出来ました。
羽田ー那覇
ウルトラ先得:17110円
那覇ー羽田
先得割引-タイプB:12310円
合計:29420円
実際には14400円を支払い、差額分はJAL eポイント払いにしました。

決行日は9/22。
修行僧の朝は早く、4:30には空港に着きました。
これほど早く空港に行くのも、これが恐らく最後の早朝空港となると思うと、楽になるなぁとしみじみ思いました。

チェックインも終えて、制限エリアへ行く事に。
その前にあのカウンターのところへ。

もう少しでこのカウンターを使えると思うと、胸が高鳴ってきますね。

保安検査を抜けてラウンジへ。
シンガポールで買ったピカチュウを連れてくつろぐ事にしました。

搭乗時間が来たのでゲートへ。

JAL901は何度も使ってきましたが、これを使うのもしばらくは無いかもですね。
今回使用したB777-200は調べてみると元JAS機。
まだJASが導入した機体が現役でいるのはやはり日本の整備力が素晴らしいということですね。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/Eu_HwOTEQyc

離陸して数分後、富士山を久しぶりに見ました。
雪が無い富士山はなんだかんだ見れるタイミングは短いですからね。

そして着陸。
YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/cKzzTR51MZg

降機したらすぐに乗継カウンターでチェックイン。
時間が少しあったので、以前の修行で食べた紅芋アイスを食べる事に。
やっぱり美味しい。

そして元の機体へ。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/Syyvhf6nV0E

機内では朝早かったため、爆睡してました笑。
気がつくともう羽田空港に向けて降下を始めていました。
YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/DjaPQvUHuAw

羽田空港に到着。

そして降機する時、往路の時にフライトダイアログを渡したCAさんに呼ばれました。
すると、フライトダイアログと一緒に、記念品という事でプレゼントを貰いました。
このサプライズはすごく嬉しかったです。
子供用のマグカップ、フォトフレーム、そして「祝!JGC!!」と書かれたA350のミニプラモ。
最高のプレゼントでした。

これにてラストフライトの羽田ー那覇往復修行が終了。
取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:1476x2=2952

50000FOP突破。
JMBサファイア達成&JGC入会資格を得ました。 長かった修行もこれで終わりとなると、嬉しいような寂しいような色々な気持ちが混ざってます。
でもこれで、晴れてJGC会員になって、あのカウンターとエントランスが利用できると思うとやったなとおもいます。

次回は、JGC入会後に総括をして終わりにしたいと思います。

ハッシー

第11回 OKAーSIN修行 後編

※今回のテーマは前編と後編の2本立てとなります。

こんにちは、ハッシーです。

今回はOKAーSINを含めた修行の後半として、SINーHNDHNDーOKA、OKAーHNDの行程について順番にお話していきたいと思います。

搭乗日は9/12の木曜日。
最初のSINーHNDはJAL38の01:50発。
深夜の出発になるので、予め空港には9/11の夕方には着いていました。
空港内のショッピングモールJEWELでお土産の購入や夕飯を食べるためである。

お土産を無事確保して、ターミナル側へ移動する前に、名物の滝を見学する事に。
圧巻でした。

夕飯を済ませてJALカウンターへ向かうと、アーリーチェックイン時間にも関わらず、通常のチェックインをしてもらうことができました。

これはすごく助かりました。

チェックインおよび出国審査を終えて、ラウンジで着替えと軽食を食べる事にしました。
JALはdnataラウンジを使用する事になります。

意外にもシャワールームは待ち人が私だけだったので数分で案内が来ました。
シャワーは広くて使いやすかったのですが、肝心シャワー自体は水圧が弱く少々劣化が見られました。
しかし、行きの時に浴びれなかった時に比べたらいい方なので、ありがたく頂きました。

シャワーの後はビール。
滞在中は控えていた(お酒が高過ぎて)ので飲みたいなとずっと思ってました。
ビールはタイガービールとハイネケン、当てはサテ(焼き串)にしました。
最高の組み合わせですね笑。

飲み終えた後はゲートの方へ。
既に搭乗待ちの方が居て、手荷物検査も行なっておりました。
無事通過して搭乗を待ちました。

長いようであっという間だったシンガポール滞在が終わると思うと少し寂しく感じました。
また行きたいなと思いました。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/fQCXWt08Wqk

シンガポール発の深夜便は軽食は提供されないのですぐに就寝。
しばらくすると目が覚めて、タイミングよく朝食の提供が始まりました。
外を見ると青空が広がっていました。
もう日本時間では朝の7時でした。

朝食はお粥。
すごく温かみがありお腹にすごく優しいご飯でした。

食べ終わると1時間も経たないうちに降下を始めて、羽田空港に着陸しました。

YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/WJcNuCQ3Q-0

到着後は検疫、預入荷物の引き取り及び税関。
行きの時とは違い、荷物は一度ピックアップして、乗り継ぎカウンターで改めて預入をしなければならないのが手間です。
セキュリティ上の理由だと思うので仕方ないですが。

乗り継ぎカウンターでOKAーHNDでクラスJに空きがあったのでアップグレード。
発券後乗継専用のバスで国内線第1ターミナルの制限エリアへ。
普段は通ることのない道を通ったり、特殊車両や飛行機を間近で見れたので面白かったです。

第1ターミナルに着いて、JAL913で那覇へ。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/wGqJ-eLlmR4

しばらく機内で休んでいて、気がつくと那覇空港へ着陸態勢に入っており着陸するのかと思っていたら、バウンドして再上昇。(初ゴーアラウンド体験)

YouTubeゴーアラウンドの動画を上げてます。
https://youtu.be/TNmcFLWdfGA

15分後何事も無く無事着陸しました。

YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/YwmJlkrnUlo

折り返しは同じ機体で帰るのですが、また荷物のピックアップと再預入があるのでまたダッシュ
手続きを終えて、また元いた搭乗ゲートへ。
搭乗すると「お帰りなさいませ。」と声を掛けてもらいました。
修行の時の定番の挨拶になりました笑。

クラスJ通路側の席しか空いてなかったので、外の景色は見れず…。
巡航中、チーフのCAさんが私のところに挨拶に来られました。
修行の労いの言葉と往路のゴーアラウンドの謝罪でした。
私個人としては、無事に着陸ができればそれで大丈夫ですよと伝えておきました。

そして羽田空港に着陸。
出口ではお願いしていたフライトダイアログと一緒にキャンディの詰め合わせをもらいました。
疲れた体に甘いものはすごく癒しになりました。

これにてSINーHNDHNDーOKA、OKAーHNDの修行後半が終了。
取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:5368+2368+1672=9408

達成まで残り2160FOPとなりました。
もう少しでJMBサファイアJGC入会資格になれます。

次回は、JMBサファイア達成フライトとなる那覇往復についてお話しようと思います。

ハッシー

第10回 OKA-SIN修行 前編

※今回のテーマは前編と後編の2本立てとなります。

こんにちは、ハッシーです。

今回はOKAーSINを含めた修行をについてお話していきたいと思います。
まず前半として、HNDーOKA、OKAーHNDHNDーSINの行程について順番にお話していきたいと思います。

そもそもOKAーSIN修行というのは、FOP修行の中でもポピュラーな行程の1つで、国際線予約で沖縄から東京を経由してシンガポールへ行く修行です。
ここで大事なのはOKAーHNDを国際線の航空券で購入するという事。
例えば、ステータス無しで国内線普通席をウルトラ先得で予約した場合、区間マイル×75%×2のFOPとなるのですが、国際線の航空券予約した場合だと、区間マイル×100%×2のFOPがもらえるのです。
実際の数で表すと、前者が1476FOPなのに対して、後者が2368FOPとかなり多くもらえる事になります。
これはマイル積算の区分上、国際線の国内線区間という別の扱いになるから。
ただし、これをやるには別途国内線予約でHNDーOKAの往復を手配しなければならないのと、時間にある程度の余裕が必要になるので、ある程度の休みがないと難しいかもしれません。

今回の修行では以下の料金で乗る事が出来ました。
羽田ー那覇
ウルトラ先得:14410円
OKAーSIN(往復)
Premium Economy Special Saver:117000円
燃油サーチャージ、税等:14990円
那覇ー羽田
ウルトラ先得:16710円
当日アップグレード:1000円
合計:164110円
実際には101060円を支払い、差額分はJAL eポイント払いにしました。

決行日は9/9の月曜日。
そう、台風15号が関東に直撃した日ですね。
朝から公共交通機関がマヒしていて9時前まで自宅でニュースを見ていました。
最寄りの電車とリムジンバスが動き始めたので家を出たのですが、リムジンバスが車庫を出た後行方不明になったと言われ出発時刻未定に…。
仕方ないのでタクシーを使おうとしましたが、引っかからず…。
最終手段でレンタカーで空港近くまで片道乗りをし、途中から京急線で向かう事に。

最初のHNDーOKAはJAL917の12:55発で、空港に着いたのは12:30
超ギリギリで到着しましたが、いざゲートに着くと出発遅れに…。
めちゃ頑張ってこれかと一気に脱力。

しかし、問題なのはこの後のOKAーHNDのJAL918とHNDーSINの乗継が上手くいくのか、後続のJAL919(JAL918の対)が同時出発なのか、抜かしてしまうのかが心配にになりました。
結果的には後続も遅れての出発となり、私の乗るJAL917が先に飛ぶ事になりました。本当にホッとしました。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/6xKhUY6BK3w

このJAL917の搭乗でJMBクリスタルを達成する事になりました。(30000FOP到達!)
でも目標はJMBサファイアJGC入会なので、気を引き締めていく事にしました。
機内でチーフのCAさんに修行と旅行のことを伝えると、「CAと同じスケジュールを取ってるのですね」とクスリ笑ってました。
フライトダイアログにも励ましの言葉を頂けたので、頑張ろうという気持ちになりました。
そして、那覇空港に着陸。

YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/WqpG856Zbsg

到着後すぐに地上係員に声をかけ、戻りのJAL918の搭乗と乗継でJL35に乗る事を告げました。 すると今回は団体用カウンターで全てのチェックインと荷物の預入およびスルーチェックインをしてもらえました。

台風という特殊な状況ということもあってやっていただけた感じですね。
本来なら国際線乗継カウンターでチェックインですのでご注意ください。
チェックインを終えて少しだけ時間があったので、CLUB ESTの特典を利用してサクララウンジを利用。
ここに来たらオリオンビール泡盛を飲まないと帰れません笑。

束の間の休息を終えて搭乗口へ。
久しぶりにB777ー300を使う事に。
やはり大きいですね〜。
これの後継がA350ですからね。
今のうちに乗っておきましょう。

YouTubeに離陸時と着陸時の動画を上げてます。
離陸 https://youtu.be/xo1KL7tO4Nk
着陸 https://youtu.be/k4707JFs9hE

羽田にとんぼ返りして、国際線ターミナルで再チェックイン(スルーチェックインしている荷物を告げるため。)し、出国審査も滞りなく終えてサクララウンジへ。

サクララウンジに着いてシャワーを浴びようとしましたが、シャワールームの待ちが多過ぎることと、搭乗までの時間が近いことを理由に断られました。
仕方ないのでフィッティングルームで汗拭きシートで拭き、シャツだけ変える事にしました。(シンガポール到着後ホテルでシャワー浴びました。)

国際線のサクララウンジと言えば、豊富な種類の食事と飲み物ですよね。
名物のビーフカレーをいただきました。
初めていただいたのですが、こんなにも味が濃厚だとは思ってなかったので感動しました。これはみんな食べたくなる訳ですよ。
それ以外にもいくつかアラカルトとビール、シャンパン、ウイスキーを頂いて、お腹いっぱいになったところで搭乗口に向かいました。

搭乗口には既に多くの人がいました。
この日の台風のせいもあってか、疲れている方が何人か見受けられました。
(私もそのうちの一人)

そして搭乗し自分の座席へ。
10数年ぶりにプレミアムエコノミークラスを使用しましたが、過去に使ったものとは全くの別物。近距離国際線用のビジネスクラスに近い感じの座席でとても座り心地は良かったです。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/tO3N3tkgbMw

機内では離陸後すぐに軽食の提供。パンとおかき、飲み物はプレミアムエコノミー限定のシャンパンをいただく事にしました。

食べ終えた後は睡眠へ。リクライニングが思ったよりも倒れてくれたのでとても寝やすい体勢になったので、疲労感を感じませんでした。
気がつくと機内が明るくなっており、隣を見るともう朝食を食べ終えている。着陸まで1時間に迫っていたので、急いて注文をし食べる事に。この日の朝食は洋食でメニューと実際の配膳はこんな感じでした。

とても美味しかったですよ。

食べ終わると着陸態勢に。
早朝ということもあり、外はまだ日が出ていないため真っ暗。本当に朝に到着して時間いっぱいに観光できるんだなと感心しました。

YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/DYb3AObl_eQ

そしてスポットイン。
シンガポール
長い往路が終わりました。

これにてHNDーOKA、OKAーHNDHNDーSINの修行前半が終了。
取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:1476+2368+5368=9212

達成まで残り11568FOPとなりました。
これでJMBクリスタル達成!

次回は、帰路のSINーHNDHNDーOKA、OKAーHNDについてお話しようと思います。

ハッシー

第9.5回 カード切替の話

こんにちは、ハッシーです。

さて第9.5回としまして、クレジットカードの切替の話をしようと思います。

5月からか本格的に始めた私ですが、6月の上旬であることに気づきました。
それは、当時持っていたJAL CLUB ESTの普通カードでは、JGCには入会ができないという事。(チーン

JGCには入会規約には次の記載があります。

そう。
入会にあたっては最低でもclub-Aカードを所持しておかなければならないのです。

ということで、即切替することにしました。
切替は同じカードブランドであれば審査は容易に済みますし、ネットから申請が可能です。

申請から3日後にカード会員のホームページを見てみると、無事審査が通っており、5日後に新しいカードが来ました。

色はゴールドですけど、扱いは普通カードなんですよね。
でも付帯するサービスが普通カードよりもいいのです。
詳細は以下のリンクをご覧ください。
カードの種類
https://www.jal.co.jp/jalcard/index03.html

以上、カードの切替のお話でした。

ハッシー

第9回 少し変わった羽田ー石垣修行

こんにちは、ハッシーです。

第9回は少し変わった羽田ー石垣往復の修行についてお話します。

ある時ネットサーフィンをしていた時に、こんな記事を見つけました。

JTA、「羽田=石垣線」一部運航便の機材大型化を決定!
https://jta-okinawa.com/cms/wp-content/uploads/2019/04/19004.pdf
内容は午前中羽田空港を発着する便の機材を下記繁忙期の間のみ大型化するということ。

通常、羽田ー石垣は日本トランスオーシャン航空が運航しておりますが、機材はB737シリーズしか保有しておりません。
そのため、グループである日本航空からB767-300と乗務員を出して運航を行うという形をとります。
ここまでだと特に惹かれはしないのですが、記事中のある1文で乗る事を決めました。

そう!
なんと国際線仕様機での運航なのです。
(間合い運航と言われるもので、空いている機材を国内線の臨時便や通常便の臨時大型化等に使って飛ばすというもの。)
つまり、クラスJの費用でビジネスクラスに乗る事が出来るのです。
しかし、繁忙期の石垣線は先得や特便割引でも片道6万円前後します。(高いよ…。)
なので今回は往復共にクラスJの空席が多い日を狙って、スカイメイト割引とアップグレードで乗る事にしました。

修行僧の朝は早く、4時半に羽田に着いて自動チェックイン機へ並びました。

結果、以下の料金で乗る事が出来ました。
スカイメイト運賃:22090円
アップグレード:1000円
合計:23090円
この時はネットで買わなくて良かったと思いました。

少し時間があったので、ラウンジで一休み。

そしてゲートへ移動してみると、夏休みであるため多くの人が待っていました。
ゲートの案内板ではこんな表示が出ておりました。

機種がいつもと違うのが新鮮ですね。

そして機内へ。
今回は「JAL SKYLUXE SEAT」と呼ばれる、近距離の国際線で使用されるシートです。
少し古いタイプのビジネスクラスになります。

シート/JALビジネスクラス JAL SKYLUXE SEAT
https://www.jal.co.jp/inter/service/business/seat/skyluxe.html

しかし、さすがビジネスクラス用シート。
カフカで座り心地が良かったです。
今回は中央通路側なので外の景色は見れず…。
寝ることにしました。

そして石垣島へ。
前来た時よりも暑かったです。

降機する際、CAさんに声をかけられて、

「今日は夏休みで旅行ですか?」
[いいえ。実は修行で乗ってるだけでして(照)]
「そうなんですか!修行お疲れ様です。帰りの便はお決まりですか?」
[この飛行機の折り返し便をスカイメイトで取ろうと思ってます。クラスJにまた乗りたいです。]
「空いていることを願っております。」

というやり取りをして、自動チェックイン機へ。

帰りも無事クラスJを確保して搭乗口へ。
すると声をかけてくださったCAさんが私に気づいて、

「お帰りなさいませ。クラスJは取れましたか?」
[はい!無事取れました。]
「良かったです!またよろしくお願いします。」

てなやり取りをして座りました。
制限エリア内で見つけた沖縄のおにぎりとおやつを機内で食べることにしました。

おにぎりにはハムと卵が入っていてとても美味しかったです。
いい組み合わせだなと思いました。

そしておやつは、生クリームとチョコレート菓子をコーヒーのスポンジで包んだシンプルなもの。
これは病みつきになるかもしれないですね。
また沖縄か石垣行った際には食べたいですね。

そして羽田に到着。

声をかけてくださったCAさんから、

「修行お疲れ様でした。またどこかでお会いしましたら、よろしくお願いします。」
[こちらこそ、ありがとうございました!どこかでお会いしましたら、よろしくお願いします。]

とても心地いい修行になりました。
これにて少し変わった羽田ー石垣往復修行を終えることにしました。
取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:2080×2=4160

達成まで残り20780FOPとなりました。
そろそろ、JMBクリスタル達成ですね。

国際線仕様機材での国内線運航ではWi-Fiサービスは無く、国際線用の映画・ゲームサービスは使えないですが、特別な体験ができると思うので、もし使う路線にあったら選択してみてもいいと思います。。

次回は9月頃の更新になりますが、いよいよ初海外修行となる、OKAーSIN修行についてお話しようと思います。

ハッシー

第8回 出雲ー羽田片道&修行のお金について

こんにちは、ハッシーです。

第8回は出雲ー羽田の片道行程簡単に紹介し、本題のJGC修行の計画とお金についてお話しようと思います。

まず出雲ー羽田の片道。
この行程は友人との旅行の帰路で使用しました。
(往路はサンライズエクスプレスに乗って出雲に行きました。)

この時搭乗したのは、JAL284のB737-800。

旅行の疲労で爆睡の状態で帰宅。

この時取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:608

達成まで残り24940FOPとなりました。
やっと折り返しました。

さて、本題である今回行なっているJGC修行の行程とお金についてです。
行程については次のような計画をしています。

ブログを書いている8/11は7/20までの修行を終えている状態です。
画像は日付、便名、発着空港、乗った座席、適用運賃、費用、取得できるFOPを記載しております。
計画では9/9のJAL917の搭乗でJMBクリスタルを達成し、その後羽田に戻ってシンガポール往復、羽田ー那覇を2往復してJMBサファイア達成、JGC入会資格を得るという形にしてます。
9月の便は全て購入済です。

FOP修行する際に気にするのが、達成するまでにかかった費用FOPの単価です。
先程の画像に記載された費用を素直に合算すると、477,460円とかなりの高額。
1番高額なのは、HND-SIGの片道56015円です。

またFOPの単価は乗った路線によって変わります。
例えば同じ普通席でも、2019/6/8の羽田ー那覇の場合、
19210円/1476FOP≒13円/FOP
2019/7/14の出雲ー羽田の場合、
23790円/608FOP≒39円/FOP
と使用した路線や適用運賃によって単価はかなり差が出ます。
通常、FOP単価は平均で15円/FOP以下であれば優秀と言われております。

これらの懸念点を解消する方法が1つあります。
それは「e JALポイント」と呼ばれるJALのネット内でのみ使用出来る航空券、JALパックツアー購入用の電子マネーです。

知らないと損!e JALポイント
https://www.jal.co.jp/jmb/ejalpoint/index.html

1ポイント=1円として使えるので、航空券の購入に充てることができます。
e JALポイントはマイレージとの交換で入手ができます。
5000マイル単位で交換が可能で、5000マイルで5000e JALポイント、10000マイルで15000e JALポイントに交換が可能。
JALカード会員の方であれば3000マイルから、JAL CLUB ESTの方は100マイル単位での交換が可能です。

これ利用してネット予約して乗ろうと計画した便に、e JALポイントを使用して購入した結果が次の画像です。

費用の隣の列に実費用(実際に支払った額)と取得FOPの隣の列にFOP単価を追加しました。
今回e JALポイントを適用したのは5月の石垣往復と9月に実施する修行全てに対してです。
(1月の大阪はJGC修行決断前の時なので除く)
するとどうでしょう。
2019/9/9と9/12にウルトラ先得で購入した航空券は10円しか私は払っておりません笑。
FOP単価は0.0円/FOPとほぼタダという結果に笑。

この結果、実際に支払った額の合計は392,460円。
85,000円浮かせることができました。
FOP単価も平均で9.4円/FOPと10円を切ることができたので良好と思ってます。

普段からJALカードで買い物をしたり飲み会の幹事の立替で使っていればマイルは貯まりますよね。
しかしマイルは有効期限が36ヶ月で、古いものから順に失効してしまうのでもったいないです。
しかしe JALポイントなら、交換したタイミングで有効期限が1年延長されるので、定期的に交換すれば半永久的に使える仕組みなので非常に良いです。

マイルを貯める目的として、特典航空券に充てる方が大半かと思いますが、e JALポイントに交換して航空券やJALパックでの旅行もありかと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

次回は少し変わった羽田ー石垣往復の修行についてお話します。

ハッシー

第7回 羽田ー福岡往復修行(後編)

※今回のテーマは前編と後編の2本立てとなります。
前編は以下のリンクから。
https://jal-a350.hateblo.jp/entry/2019/08/10/230318

こんにちは、ハッシーです。

さて、第7回は羽田ー福岡往復修行の後編(復路)についてお話しようと思います。

前回までのあらすじを簡単に。
スカイメイト那覇修行を思って空港に行ったものの、条件付飛行のため、急遽福岡往復を選択。
全クラス空席ありになっていたのでファーストクラスを選択。
クラスJや普通席では体験できないような出来事の連続で興奮するハッシー。
復路は往路の機体の折り返しで、空席があればファーストクラスに搭乗する旨をCAさんに伝え降機。
無事確保することができるのか…。

というところで終わったと思います。

先に結論から言いますとファーストクラス確保できました笑。
しかも往路の反対側の座席に。
今回もスカイメイト割引で普通席で片道を19090円で購入し、当日アップグレードで8000円追加して合計27090円
往復で54180円
普通料金往復だと103780円なので、差額はなんと49600円!
非常にお得じゃないですか!

てな訳で、ファーストクラス専用エントランスへ。

日本航空はSKYTRAXに5つ星航空会社の称号を持っております。
信頼の証ですね。

ラウンジに寄れる時間は無いので、直接ゲートへ。

この日はファーストクラスまだ空席あったんですけど、窓は私の搭乗分を含めて全て埋まりました。
復路は行きの機体の折り返しなので同じ機体、同じCAさん。
ビックリさせようかなと思い、優先搭乗で真っ先に向かうと、

「あ〜!お帰りなさい!」

とまさかのCAさん総出のお迎え笑。
ビックリさせるつもりがやられてしまいました。(^^)

「無事ファーストクラス取れましたか?」
[はい、行きと反対の窓が取れました。]
「良かったです〜。復路もよろしくお願いします。」

という感じで着席してスリッパに履き替えました。
復路の食事について聞かれたので、もちろん頂きますと答えたら、

「朝食を2種類食べ比べしてみた感想を教えてくださいね」

と言われました。(照

iPhoneの充電がなくなりそうだったので、ファーストクラス専用のモバイルバッテリーをお借りすることにしました。

16000mAhと大容量です。

すると客室責任者のCAさんが、

「ハッシー様。ただいま機長と副操縦士にハッシー様のファーストクラス往復でのご搭乗・修行についてご報告してまいりました。機長から伝言で、往復で同じ機体・同じクルーで運航する当便にご登場いただきありがとうございます。ごゆっくりと快適な空の旅、修行をお楽しみくださいとのことでした。」
[ありがとうございます(照)]

面白いサプライズもあるものなんですね笑。

福岡空港は滑走路が1本しか無いので離陸まで時間を要しました。

YouTubeに離陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/Ve-ymcTNJX4

離陸してしばらくしてから海上へ出ました。

やはりファーストクラスからの眺めはいいですね〜。

しばらくしてから食事の案内が。
羽田空港着の便では和食が提供されます。
その時のメニューと実際の食事が次の通りです。
(メニューの写真は往路の物を流用)

これまた豪華。和食の方が華やかさがあるかなと個人的には思いました。
何よりすごいのが、白ごはんが温かいこと、味噌汁が提供されることですよ。
国際線ならわかりますけど、国内線でですよ!
和食好きの私は食べる前から、和食の勝ちと決めちゃいました笑。
個人的に美味しかったのは、赤魚の西京焼ですね。
ご飯が進みました。
そして箸とフォークのところにもJALの文字が。

食べ終わると、

「和食と洋食どちらが良かったですか?」
[和食ですね。温かいご飯と味噌汁が出た時点で大満足でした!]
「良かったです笑。和食がオススメでしたので。」

本当に美味しかったです。

食後の時に気づいたんですけど、おしぼりにもJALの文字があるんですよね。
しかもおしぼりはJALオリジナルの香りが施されたものになっております。
国際線だとよくあるみたいですよ。

そして、修行も終わりが近づいてきました。
ベルトサインが点灯すると、CAさん1人ずつご挨拶を頂きました。

「またお会いすることができましたら、よろしくお願いします。またのご搭乗お待ちしてます。」

と笑顔で。
そんなん言われたら乗りたくなるじゃないですか〜。(単純

YouTubeに着陸時の動画を上げてます。
https://youtu.be/dTV2QXF5ExI

そして、お別れの時。

[本日は大変お世話になりました。とても貴重な体験を皆さんのお陰で楽しむことができて、いい修行の思い出になりました]
「こちらこそ、ファーストクラスでのご搭乗ありがとうございました。まだ道のりの長い修行とお聞きしております。達成まで頑張ってくださいね。またどこかでご一緒できましたら、よろしくお願いします。」

とCAの皆さんと挨拶をして降機しました。
これにてファーストクラススカイメイト往復による修行を終えることにしました。
取得したFOPは以下の通りです。
取得FOP:1418×2= 2836

達成まで残り25548FOPとなりました。
折り返しが見えてきましたね。

ファーストクラスを最初の予約の時に取るのは高いですけど、搭乗日に空席があって乗ってみてもいいかなと思ったら使ってみてもいいと思います。 ただ羽田ー伊丹は短いので使うのはもったいないかもですね。

次回は友人との旅行の帰路で利用した出雲ー羽田間とJGC修行に関するお金ついてお話しようと思います。

ハッシー